磬のぐりつり よもやま話
梁塵社サイト
宅配便割引は
年の瀬に
連日
宅配便が
沢山届いている

忙しい時期
宅配便さん
ご苦労様です

地方から
送っていただく
或いは
送るとき

宅配便料金の高さに
驚くことがある

田舎との交流を考えて
グリーンツーリズム割引料金を
設定できないものだろうか

地方自治体で
一部負担するとかして

関連記事:

投稿者:石田磬(いしだ・けい) | カテゴリー:田舎ナビ・磬からの提案 | 23:40 |
Twitterでつぶやく | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
全国のGT関連施設にしばし、疎開を
 連日、避難所からの中継を見ながら、
心を痛めている方も多いだろう。

常日頃、講演などで、
グリーンツーリズム(行きつけの農家を作っておくこと)は、
東京など地震などの災害があったときに、
疎開先として向かえてくれるのではないかと、
語ってきた。

全国に何千件もあるという、農漁家民宿や、
交流施設で、
しばらくの間、被災した方達を受け入れてくれるといいなぁと、
感じている。

おかあさんたちの、郷土料理や、
各地のあたたかい方言でのお喋りで、
私はいつも癒やされてきた。

ぬくもりのある食事や、会話、
被災された方には何よりの励ましになるのではないか。

もちろん、自治体が移動や食事代などの費用を出すこと。
これは言うまでもない。

関連記事:

投稿者:石田磬(いしだ・けい) | カテゴリー:田舎ナビ・磬からの提案 | 22:40 |
Twitterでつぶやく | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
震災疎開とグリーンツーリズム
阪神大震災から16年の今日、
朝日新聞の社説に目が行った。

震災疎開 「第二の故郷」をつくろう (←をクリックすると全文が読める)

私が、講演などで話している内容と同じだったからだ。

グリーンツーリズムのススメ、
「行きつけの農家を作ろう」というのには、、
(いろいろな理由があるが)
都会で震災などがあったときの、
避難先を確保するためにも、
有意義なのではないかと、
常日頃語ってきた。

社説によると、
中越地震で大きな被害を受けた新潟県では、首都圏から100万人の被災者を受け入れる
「防災グリーンツーリズム」を進めている。
都会の人たちに農村を体験してもらうことで交流を深め、
大地震が起きれば「第二の故郷」としてその人たちに来てもらう。
と。

今まで、私がそう話しても、
反応はイマイチだったようなだが、
朝日社説に載ると、
にわかに、あちこちで進める自治体もありそう・・・





関連記事:

投稿者:石田磬(いしだ・けい) | カテゴリー:田舎ナビ・磬からの提案 | 23:24 |
Twitterでつぶやく | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
農家民宿にも色々にパターンがあって
農家民宿を知って12年。
最初に泊まったのは、秋田県で第1号の農家民宿、
西木村(現仙北市西木町)の、
「農家民宿 泰山堂」さん。


そして、村内に、県内第2号となる、
「農家民宿 星雪館」さんが出来たというのでそちらにも泊まることに。

いずれも、農家さんが、
副業ではじめ、主人(あるじ)はおかあさん。

農村のおかあさんが、頑張る姿を見て、
応援したくなった。

母家とは別棟で、
1日1組限定で、1泊2食6000円程度で、
取れ立ての野菜、
自家製の米や味噌、
そして、郷土料理をふんだんに食べさせてもらえるとという
普通の民宿とは違うクオリティの高さにもひかれ、
友人にPR、
秋田には、大勢の知人・友人を連れて行った。

それから、知った宮城県栗原市の「有賀の里農家民宿 たかまった」さんも、
明治10年に、当主聰さんの曾祖父母の隠居部屋として建てられたという、
離れの蔵座敷に泊まるという

「お姫様」気分が味わえ、足繁く通えようになった。
こちらも、1日1組。
蔵座敷にはバストイレ付き。

その後、雑誌にGTの連載を持つようになったこともあり、
全国の農漁民宿を訪ねるようになったが、
今や、その数も鰻登り。

規制緩和で、
母家と違う別棟を建てたり、
水回りにお金をかけずとも、
あるがままで、
空いている部屋を利用して、
開業できるようになったからだろう。

GTのパイオニア、
大分県宇佐市安心院町では、
規制緩和される前から、
「会員制」として、不特定ではない、
特定の人を泊めるということで、
母家で一緒に食事を作り、食べ、
空き部屋に宿泊というスタイルで、
多くの人が訪れていた。

最近開業したところをお邪魔すると、
まさに、そのスタイルが多い。

各地でグリーンツーリズム関連施設のパンフが出来ている。
その中に、体験メニューが細かく書き込まれているものはよく
見かけるが、
宿泊スタイルについては、詳細に乏しいと感じる。

宿泊は、
母家と別か、一緒か、
トイレの数、
お風呂はどうする(近所に温泉があり、そこを利用するケースも多い)
一日一組か否か、
送迎はどの程度可能かといったことなど、
きめ細かい情報を流す必要があるのではないか。

GTで脱日常を味わい、
農作業を手伝ったりして、農家さんにお邪魔するのはとても興味深い。
そして、
ご飯を食べるのは、かあさんやとうさんと一緒が楽しいが、
寝るときは、トイレの心配もしないでぐっすり眠りたいという声、
聞くものです。

空き部屋利用の農家民宿で、
複数組が宿泊、ご家族もみんな、同じトイレを使うとなると、
やはり、落ち着いて入ってられない。

母家に泊まるときも、
男子、女子せめてひとつずつ、
洋式トイレは欲しいというのが、
泊まる側の本音ではないか。

農漁家民宿にも、
色々なスタイルがあると言うこと、
きちんと知らせて欲しいものだ。

まず、ダメなところがほとんどだろうが、
クレジットカードが利用出来るかどうかも、
知りたいところである。

このブログでも、
逐一お知らせするつもりではあるけれど・・・

予約する際も、
先方(かあさんたち)から言ってくれるものではあるが、
寝間着や洗面具、タオルがあるかどうかなど、
忘れずに確認を。

用意のあるところ、ないところ、
さまざまなので。





関連記事:

投稿者:石田磬(いしだ・けい) | カテゴリー:田舎ナビ・磬からの提案 | 23:43 |
Twitterでつぶやく | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
車なしでもイナカに行きたい・・・
かつて、息子が小さい頃は、
運転して、幼稚園やお稽古に車で連れて行っていた。

しかし、今は、ペーパードライバー

アルコール好きなので、
車ではなく、をとった次第。

飲んだら乗るなを、実践している。
都内に住んでいる限り、
電車移動が確実だし。

ところが、グリーンツーリズムで、
全国各地を訪れると、
でないと、宿までたどり着いても、
そこからはの移動に困ることが多々ある。

大鹿村も、がないと、村内アチコチ動けない。

今回も、大鹿に行きたいという知人がいたので、
で松川からピックアップしてもらった。

(新宿〜松川間は高速バスが便利なので)

しかし、これ、結構気を遣う。

せっかくの大鹿の自然は気持ちいいのに、
荒い運転で、気分が悪くなったり、
スピードの出し過ぎ(コワカッタ)や、
ナビばかり見ているので、よそ見運転じゃんとイライラもした。
を頼まなきゃよかった・・・と
(あっ、グチですね、もうその方にはお願いしないと決めたので・・・)

村内に都内で見かけるような、
1コイン(100円)のミニバスでもあればいいなと、思ったりして。

車の運転をしない、できない都会人、結構いるのだ。
イナカには行きたい、でも、アシがない。
それに悩む都会人も。

安心院や西木、内子、栗原などでは、
「行きつけの農家」さんがあり、
馴染みが深く、「石田さんだから、
しょうがない」と思われながら(多分)、
を甘えてしまっている(ガソリン代はお払いしております

有難い
有難い





大鹿村たかやすさん。すぐ下には清流が流れている




関連記事:

投稿者:石田磬(いしだ・けい) | カテゴリー:田舎ナビ・磬からの提案 | 11:25 |
Twitterでつぶやく | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark
グリーンツーリズムでカードOKにならないかしらん
 先日の、大鹿村、飯田の旅の終わり、
同行してくれた友人のひとりが、
お財布を見て「あっ、400円しか残っていないわ」と。

5万円の現金が、3泊4日で消えた計算という。

高速バス代や農家民宿の宿泊費
(たかやすさんは、
1泊2食付き2日で10000円【寒かったので、燃料費を1000円別にお支払いした】、
ふれあい農園太田さんは1泊2食7000円)以外に、
昼飯、温泉代、そして、お土産(産直店でたくさん)。

電子マネーやクレジットカードがあるので、
都内で生活するときは、現金はあまり持ち歩かない。

郵便局や銀行、コンビニはどこでもるかと思いきや、
ないところにはない。
特に、GTで訪れるイナカのイナカでは、
見つけることが難しかった経験あります

農家民宿や、
産直店でもカード決済が出来ないものかとは、
常日頃考えていること。

カード決済が当たり前の、
外国人の知人に、宿泊代が現金なのと聞かれたことがある。

子だくさんの友人から、ボーナスまで日があるので、
カードがきくなら・・・と、言われたことも。

カードの、後払いで助かることは結構多い

カード会社に手数料を払う必要がある。
また、カード機を導入しなくてはならない、
といった案件は、
それこそ、GT研究会や協議会で、
クリアすればいいのではと考える次第。

例えば、手数料は、研究会や協議会が払うとか。

現金が望ましいが、
5000円或いは1万円以上なら、カードも可といった方法もある。

また、カードだと、都会人はつい余分な買い物もするし。
(これは要注意だけど)

全国各地に広がっている、
農家民宿、農家レストラン、産直。
集客力アップにも繋がりますぞ
是非、一考を


カード決済可能なところがあるなら、
情報も欲しい。
パンフにも、そういう情報を書き込んで下さいな





関連記事:

投稿者:石田磬(いしだ・けい) | カテゴリー:田舎ナビ・磬からの提案 | 23:24 |
Twitterでつぶやく | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Copyright (C)石田磬(いしだ・けい)