磬のぐりつり よもやま話
梁塵社サイト
おかあさん100選の認定式に

農水省・国交省が選ぶ「農林漁家民宿おかあさん100 選」
               (趣旨など詳しくはをクリック)
が、平成19年度から立ち上がった。
初年度に20人、20年度に22人、
そして、今年度52人が決まり、これで計100人。

その、第3回目の方々の認定式や、
パネルディスカッションが今日、都内で開かれている。

1回目には、たかやす(長野県大鹿村)の伊東さん
        こくりこ(愛媛県内子町)の森長さん・・・
2回目には、泰山堂(秋田県・西木) の藤井さん、   
        龍泉亭(大分県・安心院)の矢野さん・・・

馴染みの方々のお名前が見られた。
今回も顔見知りがちらほら。
屋久島の山ノ瀬の岩川さん
山形県鶴岡市の母家の小野寺さん・・・

そして、大の仲良し(と勝手に思っている)、
「有賀の里 たかまった」の千葉静子さんも、
選ばれ、今日の認定式に出席された。おめでとうございます〜

は、栗原市からのメルマガから
――――――――――――――――――――――――――――――♪――
たかまった女将がおかあさん100選に!
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 農家民宿「有賀の里たかまった」女将・千葉静子さんが、「農林漁家
民宿おかあさん100選」に選ばれました。おめでとうございます(^ー^)ノ
 千葉さんには2007年に開催した第1回目のくりはら輝かせ隊の交流会で
料理してもらっているので、ご存知の人も多いのではないでしょうか。

▽第3回「農林漁家民宿おかあさん100選」選定結果のページ
http://www.ohrai.jp/gt/press/jdr028000002iup7.html
★第3回「農林漁家民宿おかあさん」サミット
 日時:2月23日(火曜日)午後1時から午後7時
 会場:ウェルシティ東京(東京厚生年金会館)
    地下1Fロイヤルホール<表彰式・パネルディスカッション>
    3F葵<情報交流会>
 アクセス:〒160-0022 東京都新宿区5-3-1
      電話番号 03-3356-1111 FAX 03-3225-2315
      ・JR新宿駅より徒歩15分
      ・地下鉄丸ノ内線 新宿御苑駅より徒歩5分
      ・地下鉄都営新宿・副都心線 新宿三丁目駅より徒歩5分
 内容:農林漁家民宿おかあさん100選 第3回認定式
    パネルディスカッション・情報交流会
 参加費:無料(情報交流会に参加する場合は4,000円)


たかやすのおかあさんのように、
最初は、辞退した(本人の弁)という方もいるが、
全国、何千件にも上る、
農林漁家民宿の100人というわけだから、
おおかたの皆さん、とても喜ばれている様子。

中には、「おかあさん100選」を、
ホームページに大々的にうたったりと、
宣伝に活用されている方もいるほどだ。

顔見知りの頑張っているおかあさんたちが、
嬉しそうなのは、見ている私もハッピー

だが、どうしてお上(クニ)が、わざわざ選ぶのだろうか。
かなりの予算を組んで、決める意味があるのか・・・
ちと、疑問なのだ。

以前も書いたが、
見る限り、民宿の選考基準がわからない。
(単純に、開業順に推薦するという県もあると聞くが)
たとえば、農家が本業で、1日1組数人限定で泊める農家民宿もあれば、
20人も30人も泊まれる民宿が家業になっているところも多い。

宿泊料も、差がある。これで暮らしを立てているわけでないからだろうが、
1泊2食付き5000円で、オイシイ食材を提供してくれる民宿もあれば、
はたまた、1泊2食14000円超えも。

また、「おかあさん」という言葉からは、
子供連れも受け入れてくれると連想するが、
子供はノーと銘記している宿も含まれている。

設備もまちまち。
泊まったり、レストランとして訪れたことのあるところは、
20数軒。

せんべい布団(懐かしい響き)で、
手足がはみ出てしまう布団に驚いたことも。
30年前の、民宿を思い出してしまった。

かたや、たかまったの、フカフカお姫様布団や、
新得の湯浅さんのファームインのような、
寝心地のよい、高級ベッドに朝までぐっすり。

トイレの数が少なくて気になったところもある。

居心地のいい農漁家民宿には、
一度行くと、また行きたくなる。
そして、
オーナーさんたちと、馬が合えば、
なおさら、足繁く通いたくなる。

そうした中で、料理はこんなのがいいのではとか、
はたまた、枕元に水が置いてあると嬉しいとか、
些細なことから、嫁姑問題と言った個人的な事まで、
意見交換ができ、お互いより一層仲良しになる。


100選の宿であろうが、
そうでなかろうが、
利用者にとっていい宿がいい宿

お上に、お墨付きをもらうより、
大勢のリピーターに推薦される民宿こそが、
目指される民宿ではないか。

と、書きつづってきたが、
東京では、とんと、知られていない、
話題にもなっていないということが、
一番の問題な気がするのだが。

100選に選ばれて、
急速に客が増えたという話しも、
聞こえてこないし・・・・

このプロジェクトは、100人になった、
今年でオシマイなのだろうか。

私はこれからも、
100選の宿も、その他のGT宿も、
新規に訪ねるつもり。

行きつけの農家・漁家を作る楽しみを、
都会の人に、広めたい

さて、
明日、
たかまったの女将たちと、
ランチの予定。
認定式やサミットの様子を伺うとしよう

紙漉の額の白さよ梅日和
波郷  





関連記事:

投稿者:石田磬(いしだ・けい) | カテゴリー:GT(グリーンツーリズム) | 19:26 |
Twitterでつぶやく | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト

関連記事:

投稿者:スポンサードリンク | カテゴリー:- | 19:26 |
Twitterでつぶやく | - | - | pookmark
コメント
おかあさん100選の記事、広報ブログにリンクさせていただきました。いつもいろいろありがとうございます。地元新聞でも記事は見なかったような気がします。
150年前の栗原の食復活プロジェクト事務局, 2010/03/02 12:52 PM
お世話になっております。
広報ブログ、拝読いたしました☆
おかあさん100選、
東京では本当に認知度低いです。

たかまったさんは、上質な宿なので、
100選に関係なく、ファンは増えると、
考えております。

今月も、仕事で栗原へ参ります。
今後とも宜しくお願い致します。
けい, 2010/03/02 3:38 PM









トラックバック
url: http://gurituri.jugem.jp/trackback/809
Copyright (C)石田磬(いしだ・けい)